姫路観光情報

【姫路】イベント・観光 情報

~西村屋おすすめ~ 姫路観光案内

 どこか懐かしく感じる町並みに、世界文化遺産の姫路城、本格的な日本庭園、世界旅行気分が味わえる公園などなど、魅力あふれる姫路─。
 ここでは、様々なイベントや観光スポットから、特におすすめの情報を紹介しています。

アート・展覧会

姫路市立美術館
永井一正ポスター展  
2017年.11.12(日)~12.24(日)
姫路市立美術館

グラフィックデザイナー永井一正は言います。 「宇宙の中から奇跡的に地球ができ、微生物が生まれ、そして生き物たちのひとつとして人間が誕生した。そこには何か宇宙の法則、摂理があり、それを『かたち』にしていくこと―それがデザインの仕事である」と。 1929年大阪に生まれた永井は、実家を戦火で焼失、戦後に姫路で中学・高校時代を過ごした後、東京藝術大学彫刻科中退を経て、戦後まもない1950年代初頭よりグラフィックデザインの現場に身を置きました。 文字通りゼロからの出発でしたが、1953年に日本宣伝美術会会員となり、1960年には日本デザインセンター創立に参加、常に時代の最前線で数多くの企業や組織・国家事業のロゴ・シンボルマーク、そしてポスターデザインを世に送り出してきました。 とりわけ、ライフワークとして自身の生命観や自然観といった壮大なテーマを表現した「LIFE」シリーズは、グラフィックデザインの概念と可能性を拡げるものであり、現在も新たな作品が生まれています。 この展覧会では、類まれなポスター芸術の世界を開拓した、永井一正の初期から最新作までのポスター作品500点余りを一堂に展観し、国境や世代を超えて人々に勇気とインスピレーションを与えるその創造の源泉に迫っています。

  • 料金・・・  一般600円
  • 高校・大学生400円
  • 小中学生200円
  • 〒670-0012 姫路市本町68-25
  • JR姫路駅より 徒歩約20分 or 神姫バス
       「姫山公園南、医療センター、美術館前」停留所下車すぐ
  • 姫路市立美術館ホームページ
兵庫県立歴史博物館
兵庫県政150周年記念先行事業ひょうごと秀吉―近年の新紹介資料を交えて―
2017.10.7(土)~11.26(日)
兵庫県立姫路歴史博物館

豊臣秀吉は統一政権を樹立して中世を終わらせました。県域においても、織田信長の家臣として天正8年から9年(1580~1581)にかけて播磨・但馬・淡路を制圧するとともに、その後の支配制度の変革をとおして中世社会から近世社会への転換を導きました。 秀吉に関しては、近年、たつの市や豊岡市などで、新発見の古文書の紹介が相次いでいます。このうち、豊岡市で新たに見つかった、秀吉が茶々にあてた自筆の書状は、今年7月上旬に新聞、テレビ等で報道され、話題となりました。 これまでに知られる淀宛の書状は5点ほどと非常に少なく、さらに1点新たなものが加わったということには意義があります。内容も秀吉の性格や茶々への愛情を考える上で絶好の素材となる書状です。 此の展覧会では、こうした新資料を交えつつ、県域に伝来したものを中心に、秀吉の足跡を示す資料や、県域に定着した豊臣系大名に関する資料を紹介し、あらためて秀吉が県域の歴史において果たした役割を見直しています。

  • 料金・・・  大人1000円
  • 大学生700円
  • 高校生以下無料
ふろくの楽しみ 明治~平成の子ども雑誌から
2018.1.27(土)~3.25(日)

8大ふろく、10大ふろく...ふろくがつかない雑誌なんて考えられない!こどもも大人も大好きな日本のこども向けの雑誌のふろくに注目し、その世界に迫ります。  大人向けのふろくも紹介します。

観光スポット

世界文化遺産 姫路城
姫路城

国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。 姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築されたもの。400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。 また、平成27年の大修理で、大天守内部の展示品を取り除き、軍事施設としての機能美をじっくり観察できるように、そして各所に設置されたARパネルにスマートフォンをかざせば、当時の様子を再現した映像を見られる仕掛けもでき、様々な角度から楽しむことができます。


お菊井戸

~姫路城 その他の魅力~
◆ 石落とし・・・至る所にちりばめられた襲撃装置。
◆ 家紋瓦・・・・48代もの城主を持つ姫路城の瓦には、様ザ菜々家紋の瓦が使用されています。
◆ 将軍坂・・・・入り組んだ通路になり緩やかな坂道になっている時代劇でもおなじみの「将軍坂」。
◆ お菊井戸(写真)・・・播州更屋敷に登場する有名な井戸「いちまい・・・、にまい・・・」というあれです。

好古園
好古園

姫路城を望む江戸の情緒たっぷりの日本庭園
 好古園は、世界遺産・姫路城を借景にした本格的な日本庭園です。姫路城の南西に広がる庭園の面積は、 約1万坪。池泉回遊式の[御屋敷の庭]や本格的数寄屋建築の茶室・双樹庵のある[茶の庭]など9つの庭園群で 構成され、江戸の情緒を醸し出すそのたたずまいは、時代劇や大河ドラマのロケ地としても使われています。


好古園

 見どころいっぱい!自然と歴史、四季折々の香り・・・
季節によって様々な表情や景色が愉しめる庭や露地・・・。自然本来の美しさに懐かしさを感じ、思わずほっとします。
 歩き疲れたら茶室で抹茶を一服。茶庭を愛でながら、時の流れを忘れるひと時を...(一席500円・抹茶/和菓子)

  • 料金・・・  大人300円
  • 小人150円
  • 〒670-0012 姫路市本町68番地
  • JR姫路駅から北へ徒歩15分  またはバスで5分
  • 好古園ホームページ
太陽公園
太陽公園

澄み切った空気と自然豊かな公園で世界旅行気分
 中世ヨーロッパの古城にモアイ像、マーライオン、自由の女神、そして凱旋門!?原寸大の万里の長城まで!

 テレビ番組「ナニコレ珍百景」に認定された話題のテーマパーク。
世界文化遺産「姫路城」の北15kmに位置する太陽公園は、 世界の石で作られた建造物や遺跡、石像などのレプリカを多数設置した「石のエリア」と 山上に建設された山城「白鳥城」をメインとする「城のエリア」に分かれています。
「石のエリア」の見ものは、全長2キロにおよび再現された「万里の長城」と、1000体の兵馬俑が発掘された現場を再現した兵馬俑展示館であり、そのほかの展示物も、ほとんどのものが実物大で作られていて、圧倒されるほど。
平成21年にオープンした「城のエリア」には、ドイツ南部にある有名なノイシュヴァンシュタイン城と非常に良く似た「白鳥城」が悠然とそびえ立ちます。


太陽公園

トリックアート美術館 in 白鳥城
人の目の錯覚や脳の思い込みを巧みに利用して、平面を立体的に見せたりする「だまし絵」のテクニックを駆使した新感覚アートの美術館が、白鳥城の4階~6階にオープン!
見て、触れて、驚いて!鑑賞するだけではもったいない!!ポーズをとって不思議な写真をパシャリッ!

  • 料金・・・  大人1300円
  • 小人600円
  • 小学生未満 無料
  • 〒671-2246 姫路市打越530番地36
  • JR 姫路駅から神姫バスで緑台行きに乗車し打越西で下車すぐ
  • 山陽自動車道山陽姫路西ICから約2km
  • 太陽公園ホームページ
書写山 圓教寺

  圓教寺(円教寺、えんぎょうじ)は、姫路城の西北約6km.に位置する寺院で、天台宗の別格本山です。
 「西の比叡山」とよばれるほど寺格は高く、西国三十三箇所中最大規模の寺院で、比叡山、大山とともに 天台の三大道場と並び称された巨刹です。境内は、仁王門から十妙院にかけての東谷、摩尼殿を中心とした中谷、 三つの堂のある西谷に区分されます。伽藍がある書写山(標高371m)山上一帯は兵庫県指定書写山鳥獣保護区の特別保護地区に指定されています。
 2003年公開のハリウッド映画『ラストサムライ』、2003年のNHK大河ドラマ『武蔵』の重要なロケ地にもなりました。