神戸観光情報

【神戸】イベント・観光 情報

~西村屋おすすめ~ 神戸観光案内

 大きく広がる海に、六甲山の自然、異国情緒あふれる街並み、夜景、ファッション、アート、JAZZなどなど、神戸には魅力がいっぱい!
 ここでは、様々なイベントや観光スポットから、特におすすめの情報を紹介しています。

おすすめイベント

1000mの光の回廊「KOBE LIGHT MESSAGE in2018~ECO ANGEL~」
─H30.11.26(月)~12.25(火)─

三宮駅南エリア一帯を約10万球で彩るイルミネーションです。11回目の開催となる今年は、JR三宮駅南側の2階デッキや2階花壇の装飾をメインに、駅前エリアを優しい光で包みます。 デッキの手摺り部分にはアクセントを加えた装飾を行い、2階花壇部分には約1万球のLEDを使った光のお花畑(フラワーイルミネーション)を展開し、駅前の見どころスポットとして、思わず立ち止まりたくるような光の演出を行っています。

  • 詳しくは、こちら をご覧下さい
神戸ルミナリエ
─H30.12.7(金)~12.16(日)─

阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する『神戸ルミナリエ』は、今年で24回目を迎えます。 今年の作品テーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」。昨年より11万個多い約51万個の発光ダイオード(LED)で彩ります。 今年は旧外国人居留地で約50メートルにわたる天井作品などを設置。東遊園地は、神戸でも来年開催されるラグビー・ワールドカップをイメージした作品などが飾られます。

  • 詳しくは、 をご覧下さい
 

アート・展覧会

兵庫県立美術館
サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018.10.27(土)~2018.12.24(振替休日)
兵庫県立美術館

レイモン・サヴィニャック(1907-2002)はフランスを代表するポスター作家です。《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/50年)に代表されるように陽気でシンプルな彼の作品は、それまでの伝統だった装飾的な要素を排したことでポスターの様式を一新しました。 「どのようにメッセージを届けるか」という永遠の課題に対して彼が出した答えは、商品に人や動物のモチーフを組み合わせ、明快な造形と色彩によって視覚的なインパクトを与えることでした。さらに、彼が生まれ育ったパリに息づくユーモアとエスプリが加わり、人々を一瞬で虜にする不思議な魅力が生まれています。 身近な食料品や日用品からシトロエンやダンロップ、ティファールなど実に多様な広告を担ってきたサヴィニャックのポスターは、パリにとどまらず世界中の人々に今日もなお愛され続けています。 この展覧会は、ポスターと合わせて原画や関連作品も展示することでサヴィニャックの仕事を多角的に捉えようと試みるものです。中でも、パリの街角を賑わせた巨大なポスター群は私たちに新鮮な驚きを与えてくれるでしょう。 そうした街中の様子を捉えたロベール・ドアノー(1912-1994)や木村伊兵衛(1901-1974)の写真からは、20世紀フランスという時代と場所の空気も伝わってきます。道行く人々の心を躍らせ、街を彩ったポスターの役割に思いを馳せながら、それらを魔術師のように操ったサヴィニャックの世界をご堪能ください。

  • 料金・・・  一般1300円
  • 大学生900円
  • 70歳以上650円
  • 高校生以下無料
現代美術にみるヒーロー&ひとびと(仮題)
2019.1.12(土)~3.17(日)

20世紀のはじめから現代へといたる日本の芸術表現について、「ヒーロー」という特別な存在と、そうではないふつうの「ひとびと」という対照的な人間のありかたに注目しながら、紙芝居、漫画やアニメ、特撮などの大衆的表現とともにご紹介します。

神戸市立博物館

2019年11月1日まで、リニューアル工事のため休館しています。

観光スポット

鉄人28号 神戸
鉄人28号

 鉄腕アトムとともに日本ロボットアニメの双璧をなす鉄人28号の、 等身大鋼鉄製モニュメント。 鉄人28号は阪神淡路大震災で甚大な被害を受けた神戸復興のシンボルとして建造され、 JR新長田駅にほど近い 若松公園の一角に、拳を突き出した躍動感あふれるポーズで大地を踏みしめています。この鉄人28号は、アニメの設定に基づき、 直立時の高さが18㍍(モニュメントは足を広げて立っているため約16㍍)頭部だけでも高さ2.5メートル、 重さ0.9トン。
 原作者の漫画家・横山光輝氏は神戸・長田区の出身で、鉄人28号のほかにも「魔法使いサリー」「仮面の忍者赤影」 「ジャイアントロボ」「コメットさん」など、子供たちに夢を与える優れた作品を数多く生み出してきました。 そんな横山光輝氏の偉業をたたえ、この「KOBE鉄人PROJECT」が2006年に立ち上がりました。 なお、この鉄人はこの場所で永続的に 展示されるため、耐震構造が施されています。

  • 料金・・・  無 料
KOBE神戸とんぼ玉ミュージアム
とんぼ玉ミュージアム

 KOBEとんぼ玉ミュージアムは、震災10年を迎えた神戸に、ランプワーク技法で創られたガラス工芸作品を通して、 新たな未来への夢と希望を与える『再生』『創生』の光を発信するミュージアムとして2005年7月13日にオープンしました。 日本におけるランプワークの本格的な拠点として、関係者の技術向上・交流のみならず、一般の方にも広くランプワークの 魅力が紹介されています。
 「観る」・・・細かい細工が施された 国内外のランプワーク作家の作品が展示されています。
 「創る」・・・ とんぼ玉の制作体験!スタッフの方に教えてもらいながらオリジナルのトンボ玉が作れます。 「学ぶ」・・・木工作家「法島二郎」作の家具に囲まれたくつろげる空間で、ランプワークに関する書籍・ ビデオを自由に閲覧出来ます。「買う」・・・ とんぼ玉をはじめとしてストラップやアクセサリー、書籍などを販売しています。
 楽しさあふれる体験観光型ミュージアムです。

  • 料金・・・  大人(高校生以上)400円
  • 小中学生200円
カワサキワールド ~神戸メリケンパーク神戸海洋博物館内~
カワサキワールド

 カワサキワールド」は、神戸の地で生まれ、1世紀以上の歴史を持つ川崎重工グループの企業ミュージアムです。 生い立ちからその歩んできた歴史のほか、 それぞれの時代に最先端技術を駆使し、社会の発展に貢献してきた 陸・海・空にわたる代表的な製品が紹介されています。 この「カワサキワールド」では、これらの製品とともに、 楽しく学びかつ遊びながら、「技術の素晴らしさ」、「ものづくりの大切さ」を実感できるでしょう。

  • 料金・・・  大人600円
  • 小人250円
  • 〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2番2号
  • 市営地下鉄海岸線「みなと元町駅」から徒歩約10分/
       JR・阪神「元町駅」から徒歩約15分
  • カワサキワールド ホームページ
神戸どうぶつ王国
神戸どうぶつ王国

花と動物と人との共生パーク・神戸どうぶつ王国では、色とりどりの花々の下、 鳥や動物 たちによるショーやパフォーマンスを毎日開催、動物本来の能力や知能の高さを間近で見ることができます。

  • 料金・・・  大人1500円
  • 小人800円
  • シルバー1100円
  • 〒650-0042 神戸市中央区港島南町7-1-9
  • 各線 三ノ宮(三宮)駅よりポートライナー神戸空港行き乗車
       「ポートアイランド南」駅から4M
  • 神戸どうぶつ王国のページへ